ようこそ!!自由奔放で介護中心の生活をおくっております


by hide1964g

なんでやねん

幼馴染が亡くなっていた

幼稚園から高校まで一緒で
お酒、たばこ、マージャン・・・
そっち系の友達・・・といっても不良とかではなく
頭もイイしみんなに好かれるやつだった

野球をするときも嫌なキャッチャーをすすんで(しかもうまい)してくれるやつで
あかるくて、おちゃめで・・・僕はあいつのことがとても好きだった

家にもしょっちゅう遊びに来てくれてて
何するわけでもないけど仲の良い4人でよくあそんでいた

でもなぜかそいつの家で遊ぼうって言うと顔が曇ったし
嫌がった
もう少し大きくなってから話してくれたけど
いろいろ複雑な事情があって、さみしい思いの中で
あいつは「家族」と暮らしていた

なので高校を出ると家を当然のように出て
調理師をしながら近所の安アパートで、でもあいつにはいごごちの良い
空間で・・・
と思ったけどそんなことはなかったんだろうな

人懐っこいけどさみしさを表に出すことを気持ちが拒否をして
つとめて明るくしていたように思えた

高級料亭、持ち帰り寿司、回転すし、居酒屋
ここまでは知っているあいつの職場
しかしあいつはいつしか俺たちの前から少しずつ・・・・離れて行った

たまに、突然どこかで出会うこともあったけど
携帯電話ももたないあいつと連絡を取るのは至難の業やった
「大吉におったで」とたまに知り合いから聞いたことはあるけど
10年以上・・・もう20年くらいになるのかな・・・
全然音沙汰なしの状態・・・

自由気ままに生きている
音沙汰はないけど絶対死ぬなんて・・・どこかで元気にやっている
そんなふうに俺たちも思っていた

なにがあったんや
そんな気持ちになるんやったら連絡くれよ

思い出すのは笑顔のあいつしか思い出せない

今もぜんぜん信じられない


ほんまごめんな
はんまごめん
[PR]
by hide1964g | 2014-03-26 09:04